何に困ってますか?
  1. 代車
  2. 自動車保険
  3. 修理代

事故の時は、何を確認しないといけない?

はじめての方は特に、事故を起こした後、何がどうなるか経験がありません。流れに任せてしまう方も多いようです。忙しいから、詳しくないからと保険会社や、修理会社の任せっきりにすることは、できれば避けたいものです。カルカリでは、案内、その根拠の説明、確認を徹底しております。

ケガはありませんか?

車をぶつけた時の衝撃はすさまじいものです。相手がいる場合は、人命救助第一です。たまに結構激しくぶつけた加害者が、被害者がぐったりしているのに自分の車ばかり気にしていたなんて話も聞きます。自損事故でも、自分でぶつけたからと何のケアももしないのも後から体調不良になることもあります。初動がとても大切でその日はできるだけ安静にするなど、気をつけてほしいです。搭乗者傷害保険というのもあります。

相手はいますか?

自損事故か、相手がいる交通事故か、それによって必要な情報、案内する内容が変わります。相手がいる交通事故の場合は、報告義務がありますので、ケガのあるなし、過失に関係なくまず警察に届けることが先決です。損傷具合関係なく届けましょう。たまに聞くのは、「保険に入ってない」「お金がない」「点数がない」などで警察に連絡しないよう懇願する方もいます。そのケースですべてスムーズに進んだことはほとんどないです。どれだけ簡単な修理でも、修理会社を相手に任すことも危険です。

自走できますか?

自走不可の場合は、保険会社のレッカーサービス、ロードサービスを使いましょう。基本条件を満たせば、保険会社によっては、距離が決まっていたりすることもありますのでお気を付けください。

※代理店型の保険に加入の方は、代車特約に加入がなくても、レッカー搬送を条件に代車費用が補償されるサービスがついてることもあります。ご確認ください。

自走不可の条件とは

損傷状況はどうですか?

自費での修理でも、保険での修理でも、一度概算で修理にかかる金額がわからないと、その後の対応が変わってきます。保険使用は最後に決めることも可能ですが、損傷内容によっては、お得に修理するための選択肢が少ないケースもあります。無料相談をご利用ください。

過失はありますか?

過失割合によって、案内することが変わります。例えば、あなたの過失割合が20%、30%の場合は、修理代を割り引くことで、金額面からいうと自費で修理した方がお得なことが多いです。10対0の事故で被害者の場合は、ディーラーに行く方も多いようです。ですが、すべて交換修理になる可能性が高いので、事故車や修復歴車になってしまうこともあります。弊社工場には、保険を上手に使いたい、事故車にしたくないという要望をお持ちのお客様が多いです。もちろん、仕上がりはディーラーと同等レベルで提供してます。

事故車にしない為の知識

相手の任意保険、確認しましたか?

相手が任意保険未加入のケースはかなり面倒です。相手が修理代をすぐに払えないなどで、自分の車両保険を使うことになるケースもあります。

修理可能ですか?

廃車になるほどの損傷、車両価値を超える修理代の場合は、買い替えも検討することになります。弊社では、希少車種の場合や、思い出がある車は、車両価値より修理代が高くても、修理するお客様はいらっしゃいます。過失割合によって代車の費用の補償が異なります。弊社では、保険で補償されないお客様に買い替えで、納車までの期間、格安でレンタカーをご案内しております。

コーティング施工証明書はありますか?

コーティング施工証明書があれば、保険での修理で費用が負担されます。部分施工可能です。

保険は使いますか?

検討せずに車両保険を使うと、次回の契約更新時に保険料が高くなってしまいます。車両保険を使った場合の次回の保険料の増加分より修理費用が小さくて、費用を自分で負担することができる場合は、修理費用は自己負担した方が良かったりします。他社で交換修理と言われた損傷を板金塗装で修理したり、リサイクルパーツを使うなどして修理費用を抑えたりしています。

代車特約は入ってますか?

車両保険加入を契約の方で代車特約を加入の方は、代車費用(レンタカー)が保険で補償されます。修理を保険で修理せずに、代車特約でレンタカー費用を補償しても、保険の等級が変わらないということもあります。

※代理店型の保険に加入の方は、代車特約に加入がなくても、レッカー搬送を条件に代車費用が補償されるサービスがついてることもあります。ご確認ください。

無料代車は必要ですか?

弊社で修理の場合は、代車を無料でご用意します。

 中古パーツは使いますか

全国から様々な中古部品、リサイクルパーツを探します。輸入車の部品の場合は、海外の提携先でも探してもらうことします。社外品で合うものがあれば使います。

その修理で修復歴車になりませんか?

事故車になるかならないかは、車の価値に関わることです。弊社では、修理内容の説明とともに事故車になる場合をご説明します。

事故車にしない為の知識

 修理期間は気になりませんか?

どんな板金塗装の修理でも、おおよそ10日から2週間で修理が完了します。部品が必要な場合は、部品が届くまでの時間分、期間が長くなる可能性はあります。

まとめ

事故起こすと、さまざまなことを確認しなければなりません。基本的には、上記に記載したほとんどが保険会社の担当者から、ヒアリングされます。ただ保険会社や修理工場にまかせっきりにしてしまうと、問題が出ることも多いです。カルカリでは、あなたのお役に立ち、お得になるための時間や手間を惜しみません。