何に困ってますか?
  1. 代車
  2. 自動車保険
  3. 修理代

自動車保険無料診断

自動車保険の相談やアドバイス

カルカリの自動車保険診断とは

お客様が加入している保険証券及び車両情報、損傷状況などの情報を教えて頂けましたら、損をしない保険を使った方がいいかどうか診断します。

保険を使うかどうかの判断材料

  • 現在の車の評価額
  • 過失割合
  • 保険の等級
  • 免責金額
  • 翌年度から3年間の保険料が上がる金額
  • 車の使用頻度
  • お客様の板金塗装の経験
  • 車両保険の加入の有無
  • 代車費用特約の有無
  • 修理にかかる費用
  • 損傷個所、程度

自動車保険で損をしないために

とりあえず保険で対応できるからと安心してはいませんか。せっかくの保険も使い方によっては損をすることがあります。

保険を上手に使う為には

まずは修理代と保険料の比較

保険を使うか使わないかを判断するのに、一番わかりやすい比較は、修理代と翌年度から上がる保険料です。支払う修理代がいくらでも保険を使うと3等級下がります。元の等級まで3年かかるので一般的にはこの3年間で上がる保険料と修理代を比較します。

車両保険には加入していますか?

車両保険には、交通事故、自損事故、当て逃げ(相手がわからない)などでも保険金が支払われるオールマイティなタイプと基本的に車同士の事故のみ(相手がわからない場合は補償されない)を補償するタイプの2種類あります。一度加入すると、事故などで必要になるか、車を買い替えるときまであまり見直されないのが自動車保険です。加入してから何年もたつと契約内容はあまり覚えていらっしゃらない方がほとんどではないでしょうか。事故の時は車両保険に入ってるからと、安心せずに保険証券や保険のご自身のページを確認しましょう。保険で全部修理できると思っていたのに違くて、それだったら修理工場をちゃんと選ぶべきだったと後悔されてる方もいらっしゃいます。

代車費用特約には加入していますか?

代車費用特約でレンタカー費用が補償される場合は、ぜひカルカリにご相談ください。キャッシュバック付きレンタカーをご提案します。少しでもお客様の負担が減るようにご協力致します。

保険の等級は

保険の等級は、最高で20等級。新規加入の場合は6等級から始まります。10等級以下で保険を使うと、もし次に何かあった時のことを考えると怖くて使いづらく、20等級に近いほど保険料の上がる金額が大きいので修理代金によっては使いにくいです。

等級が高いほど使いにくくなる

修理代と保険料を比較した時、20等級に近いと割引率が高いので、そこから3等級下がると、イメージとしては、普通車で車両保険加入で、3年間でだいたい最低20万以上保険料が上がります。3年間で20万での計算だと、月額5500円ほどの負担増になります。

見積もりはどうか

修理代がわからないと比較ができません。まずは概算でいいので見積もりを出してもらいましょう。フレーム迄損傷が及ぶような時は、見積もりが難しいと言われると思いますが、あくまで概算でとお願いしましょう。その際に修理をその工場にお願いするかはまだ決めないのと、保険を使うかどうかは決めないで、保険料や修理内容を検討することをおススメします。

保険の修理で任せっぱなしはもったいない?

保険で全部支払われるからと言って、ディーラーや板金塗装工場に任せきりではもったいないです。できれば、一度自費で修理した場合の見積もりを取ってほしいです。交換になってるところを板金できないか、中古部品を使えないか、損傷が小さいところはタッチペンなどでごまかせないかとか、それによって修理代が下がるなら保険を使わなくて済むかもしれません。特にディーラーでは、キズがあるところすべて交換になる可能性が高いので、相談してみましょう。

いろんな可能性を模索できるように

いろいろ聞いてると、面倒くさがる工場もあるかもしれません。ですがそれを嫌がる工場はあまりいい工場とは思えません。お客様の要望を素直に受け止めれる、一緒に一番いい方法を考えてくれる工場を見つけてほしいです。

保険を使った後もできることがある!

事故で保険を使うと3等級下がり、保険料は結構上がります。その時の契約で、もしお客様の契約で免責金額の設定をされてない方は、翌年度から設定すると保険料は下がりますので、検討してみてください。設定金額は5万・10万と、年間に一回目と2回目で金額を設定できたりします。保険会社によって設定できる内容や金額が異なりますので、加入している保険会社に確認してみてください。

後は、車両価値によっては車両保険を外すということも一つの手ではあります。

免責金額は、なぜ設定した方がいいのか

よく案内の時にされる理由は、保険料が安く抑えられることだと思います。実際に事故を起こしたときは、10万円前後の軽い接触事故のような時は、保険を使いたくても、ほとんどが翌年からの3年間上がる保険料と同等もしくは高いので使うことがほとんどないという実情があります。

修理に出す工場でお悩みの方は

現在、福岡に3店舗、東京都に2店舗、技術力が高いだけではない、きちんと提案などの接客サービスができる提携工場がございます。カルカリのキャッシュバック付きレンタカーと一緒にご利用いただくとさらにお得です。ぜひご相談ください。画面下のボタンからLINEや電話でご相談可能です。よろしくお願いいたします。